横浜の夜景に光輝く新郎新婦

HOME | 結婚式カメラマンの持ち込み|JUN WEDDING PHOTOGRAPHY

ウェディングカメラマン


ウェディングフォトグラファー JUN 


東京を中心に全国100ヶ所以上のホテル、教会、ゲストハウス、レストラン等の結婚式会場で、10年以上フリーのウェディング専門のカメラマンとして活動しております。様々な会場の様々な時間帯やライティング、演出、進行の中での経験をもとに、独自の撮影スタイルをお客様にご提案させて頂いております。
また結婚式当日までは、対面、メール、お電話などお二人のご都合の良い方法で事前打ち合わせを重ね、お二人とのコミュニケーションも大切にしております。
結婚式当日の進行や演出、おすすめの持ち込み可能会場など写真撮影以外の事でもお気軽にご相談ください。




カメラマン持ち込み出張写真撮影対応地域 
東京(都内23区、八王子、立川、多摩エリア)
神奈川(横浜、鎌倉、逗子、葉山、茅ヶ崎、湘南エリア 他)
千葉(舞浜、浦安、幕張、成田エリア 他)
埼玉(大宮、新都心 他)
栃木(日光、宇都宮 他)
静岡(沼津、三島、伊豆、浜松 他)
山梨(甲府、諏訪)
愛知(名古屋)

長野(軽井沢)
全国へ出張いたします。
遠方の結婚式撮影もお気軽にお問い合わせください。

お申し込みから写真データ納品までの流れ

1 : 問い合わせフォームより日時・式場名・ご希望プランを明記しお問い合わせください。
2 : 撮影申込書をご確認の上、お申し込みください。
3 : 内金のご入金で正式にお申込受付完了となります。
4 : 対面にて打ち合わせ(メール・お電話でも可)
5 : 当日~どうぞご安心してお過ごしください。
6 : 結婚式後、1週間以内に撮影代金(残金)をご入金ください。
7 : 納品する全写真データを編集いたします。
8 : 結婚式から20日前後で納品いたします。すぐに結婚報告ハガキなどにお使いいただけます。


注)同一日のお申込があった場合、正式申込完了のお客様優先となりますので、予めご了承ください。


ご不明な点等ありましたら、お気軽にお問い合わせください。 

結婚式写真撮影FAQ


Q1 :申込はいつまでにすればよいですか?

一日一組限定撮影の為、確実にご予約する為には結婚式当日6ヶ月前位までのご予約をお薦め致します。
但し、急なご予約でもカメラマンスケジュールに空きがある場合は、一週間前位でもお申込みいただけます。

 

Q2 :内金はいつまでに支払えばよいですか?

内金(総額の50%)のご入金で正式お申込となりますので、お申込をご希望の場合は、お早めにご入金ください。
尚、正式お申込完了するまでは、他のお客様へのご案内も致しますので、予めご了承ください。 

 

Q3 :対面打ち合わせは可能ですか?

はい、可能でございます。都内近郊であれば無料で何度でも打ち合わせさせていただきます。
お忙しい方やご遠方の方は、お電話、メール、オンライン会議ツールでも対応させていただきますのでご安心ください。
都内近郊以外での対面打ち合わせは、別途交通費を頂く場合がございます。予めご了承ください。

 

Q4 :申込を待っていただけますか?

大変申し訳ございませんが、お申込は、一日一組限定で先着順となっております。
また、ご案内した順番に関わらず、正式お申込完了のお客様優先とさせていただいております。何卒ご理解の程宜しくお願い申し上げます。

 

Q5 :スナップ撮影時間について教えてください

結婚式当日の撮影開始時間は、挙式または披露宴開始1時間前から送賓までが基本となります。
通常の挙式披露宴のタイムスケジュールでしたら、時間制の撮影ではございませんので、送賓まで延長料金なく撮影致します。
メイク撮影、当日のロケーションフォトなどご希望がございましたら、柔軟に対応させていただきます

 

Q6 :集合写真を撮りたいのですが

はい、プラン料金内で可能でございます。
しかし、ひな壇や大型ストロボをご用意できないため、会場によっては後ろのほうの方のお顔が隠れてしまったりする場合もございます。
カジュアルな集合写真であるという事をご理解いただいた場合のみ撮影させていただきます。

 

Q7 :各卓撮影は可能ですか?

はい、プラン料金内で可能でございます。披露宴でのフォトラウンドをご希望の場合、各テーブルにて撮影するお時間が必要となります。
式場ご担当者にその旨お伝えし、披露宴スケジュールのご計画をお願いいたします。

 

Q8 :JUNさんは結婚式専門のフォトグラファーですか?

結婚式のみを専門としております。関東を中心に様々な結婚式会場でフリーのウェディングフォトグラファーとして撮影をするとともに、更に様々な場面でも新郎新婦のサポートをさせていただいております。

 

Q9 :写真データの納期を教えてください

結婚式から20日前後でデータをDVDに収録して納品させていただいております。すぐに結婚報告ハガキを作成したり、ゲストの皆様にお写真をお配りしたりと、大変ご好評をいただいております。また、納品枚数は、無制限となります。

 

Q10 :アルバムの納期を教えてください

写真データを納品後、お二人でアルバムに入れるお写真をお選びください。アルバムに入れるお写真は納品したデータの他に、ご友人様からいただいたデータや前撮り、ロケーションフォトのお写真なども追加いただけます。
お選びいただいたお写真を元にレイアウトデータを作成し、アルバムレイアウトをご確認いただいてから製本致します。
アルバム納期は、お写真セレクト後、2週間から3週間程度でお届けとなります。 

これまで10年以上、結婚式の持ち込みカメラマンとしてたくさんの新郎新婦とお会いしてきた中で、おふたりが式場にカメラマンを持ち込む理由として、式場に依頼すると料金が高い、カット数も少ない、写真もいいと思わないという声が多くあります。
結婚式費用は打ち合わせをすればするほど料金が跳ね上がっていく傾向がありますので、結果として写真関係の費用を後に抑えようという事になるのではないでしょうか。
写真クオリティが高く、カット数も多い、事前にカメラマンと打ち合わせができる、アルバムの写真を自分たちで選べる、データをすぐにもらえるなどなど料金に見合ったサービスを感じていないというのが新郎新婦にとっての不満材料だと思います。

カメラマンを持ち込みすることによるメリット

では、結婚式当日の撮影を外注にする事によって新郎新婦の不満をどれくらい解決できるのでしょうか?
主に3つのメリットがあります。

  •  撮影料金が安くなる
  •  カット数が多くなる
  •  自分達の好きなカメラマンを選べる

まずは撮影費用に関しましては、外注業者による挙式と披露宴のスナップ写真料金は、5万円~20万円程が相場になります。安さを求めるなら5万円前後で撮ってもらえる業者が存在します。
カット数に関しましては枚数無制限という業者が多いかと思いますが、実際にはカメラマンによってたくさん写真を撮る人と必要なシーンのみ撮る方がいます。
写真の仕上がりについては、カメラマンの経験やセンスによりますので、個々のカメラマンのサンプル写真を必ず見て、気に入ったカメラマンを探すとよいでしょう。特に写真にこだわりのある新郎新婦は、フリーのウェディングフォトグラファーの作品を見て探す事をおすすめいたします。
以上の事からカメラマンを持ち込みする事によって料金面ではメリットになる事はありますが、写真のクオリティやカット数については、どのカメラマンに依頼するかに左右されますので、カメラマン選びがとても重要になります。

カメラマンを持ち込む際の費用

結婚式にカメラマンを外注する場合にかかる費用は、撮影料金の他にカメラマン出張費、式場への持ち込み料があります。
出張費に関しては、数千円~数万円とカメラマンの対応地域にもよりますが、出張費無料地域もありますので、なるべく費用を抑えたいなら地元のフォトグラファーを探すとよいでしょう。
持ち込み料は、式場によってまちまちで3万円前後が相場ではないでしょうか。高いところですと10万円以上であったり、逆に持ち込み料なしの会場もあります。
まだ式場を決定していない新郎新婦は、持ち込みに関しても考慮して式場選びをすると結婚式費用の節約や様々なアイテムやサービスを持ち込めて良いと思います。すでに式場を決定している場合は、担当プランナーに持ち込みが可能か、また持ち込み料が必要かを確認してみるとよいでしょう。
但し、プランナーもある意味営業マンですので、自社の商品やサービスを売り込むのに必死です。持ち込みが可能であっても式場専属カメラマンを薦めてくるでしょう。

外部カメラマンによるスナップ撮影範囲

では、実際にカメラマンを持ち込み(外注)にした場合、どのシーンを写真に残せるのでしょうか。気になる新郎新婦もいると思いますので、おおよその結婚式撮影の流れを説明したいと思います。
まず、ほとんどの式場でおふたりのお仕度が完了するのが挙式の1時間前になります。
新婦のメイクシーンを撮る場合は、このタイミングでメイク撮影をしますが、式場によっては稀にブライズルームへのカメラマン持ち込みが禁止の場合があります。立ち入り不可のメイクルームで写真を撮る方法として、ホテルでしたら客室でお仕度をすればメイクシーンの写真を残す事が可能になります。
メイクショットの後は、チャペルや式場のフォトスポットでのツーショット写真や新婦のドレスの後ろ姿などのソロショット、リハーサル、受付、親族紹介などを写します。
挙式本番は、祭壇に上がるのがNGの場合とOKな場合がありますが、スナップ写真の場合は、滅多に祭壇に上がってシャッターを切る事はないかと思います。バージンロードに入ってはいけないという制限もありますが、基本的にバージンロード真ん中まで行くこともありません。一番厳しい会場ですとゲストと同じように着席をしてくださいという制限があります。但し、バージンロード側に着席する事で指輪交換やキスシーンなど主要なシーンをカメラに収める事は可能です。
挙式後は、フラワーシャワーや集合写真を撮ります。式場プランによっては集合写真が含まれている場合がありますので、その場合は、式場専属カメラマンの邪魔にならないポジションから皆様の自然な表情などを撮影しています。
披露宴前のウェルカムドリンクの様子やおふたりとゲストとの記念写真を収めて、披露宴スタートです。披露宴中は撮影制限はありませんので、すべてのシーンを好きなポジションから自由に撮る事ができます。
披露宴お開き後は、送賓の撮影をして終了となります。

以上、持ち込みカメラマンの撮影制限があるとすると、主にブライズルームでのメイクシーン、チャペル内など挙式中のポジション制限になります。


【出張写真撮影実績式場を一部ご紹介】
【 東京エリア 】
センチュリーコート丸の内 / ペントハウスザ東京 / グランドニッコー東京 / ホテルニューオータニ / レストラン カシータ / リストランテ ASO / 代官山マダム トキ / オーベルジュ・ド・リル・トーキョー / クロス東京 / ラヴィクレール /ホテルメトロポリタンエドモンド / 京王プラザホテル八王子 / 品川プリンスホテル / グランドハイアット東京 / 東郷記念館 / グランドヒル市ヶ谷 / 京王プラザホテル / ホテルメトロポリタン / 湯島天満宮 / アグネスホテル アンド アパートメント / ハイアットリージェンシー東京 /


【 神奈川エリア 】
横浜ベイホテル東急 / ホテルニューグランド / ロイヤルパーク / メルヴェーユ / コンチネンタル横浜 / 新横浜国際ホテル / モンテファーレ / 湘南セント・ラファエロチャペル / ヒルサイドクラブ迎賓館八王子

【 千葉エリア 】
ホテルオークラ東京ベイ / ヒルトン東京ベイ / 浦安ブライトンホテル / オリエンタルホテル / ホテル ザ マンハッタン / ホテルニューオータニ幕張 / 成田ビューホテル / ヒルトン成田 / 

カメラマンには式場専属カメラマンや外注業者に関わらず様々な被写体を撮影しているフリーのカメラマンや週末だけ撮影するバイトカメラマン、結婚式を専門にしているウェディングフォトグラファーなどがいます。
常にいい写真を残したいという志のもと撮影に取り組んでいるか、スナップ写真は単に記録していればいいんでしょという方では当然写真の出来栄えも違ってきます。結婚式撮影の経験年数も様々なので、お二人の当日担当するカメラマンがどのようなスキルを持って、またどの程度プロ意識を持ったカメラマンなのか直前までわからないのはとても不安な事だと思います。
結婚式当日は安心して、またカメラに対してリラックスした表情を向けられるようなカメラマンを選びたいものです。

カメラマン選びの重要なポイント

結婚式の写真撮影を依頼する際、式場提携カメラマンか外部カメラマンかの選択ではなく、どのカメラマンに依頼するかという事が素敵な写真を残す上で大切な事だと思います。

従って、写真撮影を依頼するにあたってまずしなければならない事は、個々のカメラマンのサンプル写真を必ずチェックする事です。持ち込み業者のサイトでも個々のカメラマンのスナップ写真を見ることができる外注業者をまずチェックします。
結婚式の準備段階で式場の下見をしたり、ウェディングドレスを試着したり、料理を試食するのと同じ事だと思います。
サンプル写真を見て気になるカメラマンを見つけたら、必ず面談などでカメラマン本人から撮影についての話を聞いてみる事です。お二人との相性や話しやすい雰囲気なのかもわかりますので、検討しているカメラマンと事前に話をする事はとても重要なポイントです。

安心感ならウェディングフォトグラファーがおすすめ

ホテルやゲストハウス、レストランなどさまざまなタイプの式場で多様なスタイルの結婚式撮影をしている経験豊富なフリーのウェディングフォトグラファー達。経験年数も長ければ自分なりの撮影スタイルを確立しているため、どの会場でも臨機応変に柔軟な対応ができるはずです。
何件も足を運んで決めた気に入った式場、迷いに迷ったこだわりのウェディングドレス、プランナーと何度も相談しながら決めた当日の進行、お二人の大切な一日を素敵な思い出の写真として残すためにもカメラマンの選択に迷った際は、まずは我々ウェディングフォトグラファーにご相談ください。


フォトグラファーJUNは、これまで東京、横浜、千葉、埼玉を中心に遠方の地域や目の前が海の逆光の式場や素晴らしいライティングのムーディーな会場まで、様々なスタイルのウェディング撮影を経験してきました。
長年のブライダル撮影で培った経験を活かし、また写真家としての芸術的センスを日々磨きながら、お二人に喜ばれる心に響くウェディングフォト撮影に取り組んでおります。